sedia

渡辺パイプ SC紹介 ~第三回~ 金沢住設

宮本所長がみる今後の市況

金沢住設サービスセンターは石川県野々市に営業拠点を構え、金沢市はもちろん加賀地区・能登地区へ営業、物流網を広げ活動しています。

石川県は北陸新幹線開業後、首都圏からの移動時間が3時間以内となり観光客が大幅に増加した結果、将来的に首都圏からの移住が増加すると見込まれています。また北陸新幹線の延伸で関西・中部圏からも2時間以内の立地となる為3大都市圏からの移住が増加していくと思われます。
行政も「いしかわ移住支援事業」などを掲げ首都圏からの移住を促進しています。

アフターコロナの世界ではテレワークでオフィスが限定されなくなり、都市圏から地方への人口流入がさらに加速されると思われます。今後はお客様に各都市圏の住宅トレンドを発信していくことで渡辺パイプの情報ネットワーク力を認知していただき、信頼を獲得していくことでさらなる業績拡大を目指していきます。

オススメ商品

金沢住設SCは金沢電工SCと共に床暖房の販売に力を入れています。三菱ヒートポンプ式床暖房をメインに販売しており、渡辺パイプの石川県内の三菱ヒートポンプ式床暖房のシェアは38% (三菱シェア県内No.1)となっています。(参考:石川県内ヒートポンプ式床暖房シェア約13%)

自社でJWCADによる設計から現調を行うことで同業者との価格の“差”ではなく信頼と精度高い対応の“違い”を提案して受注量を増やしています。

また床暖房から仕上げ材までワンストップで提案することでお客様の問い合わせ負担の軽減に貢献しています。

編集部からみた金沢住設

若さと行動力で所内と現場をポジティブな熱気に巻き込んでいる、ワタパイきってのフレッシュネス所長と評判の宮本所長。

近しい所長さんたちには

「ドラゴンボールで例えるならベジータさん」

と言われている、ビシっと筋の通った印象が写真にも出ているのではないでしょうか。

一方で先般行われた社内のzoom会議ではカメラをハイセンスなアングルに設置することで、たくさんのサムネイルの中で埋もれることなく、全員からのアテンションを一瞬にして獲得するという「存在感の違い」をみせつけて参加者を唸らせた瞬発力の持ち主でもあります。

今の時期に一番必要な、エネルギッシュな突破力で宮本所長がけん引する金沢住設を何卒よろしくお願いいたします!

金沢住設SCデータ

所長 宮本 将弘
住所 〒921-8844 石川県野々市市堀内2-210
TEL 076(246)6718
FAX 076(246)6713

アクセスマップ